キャンピングカーで楽しいキャンプをしてみよう

キャンプは、とても楽しいものです。しかし、キャンプ場では、テントなどの装備が必須です。それらの重い装備を用意していくのは、とても大変です。そこでキャンピングカーをお勧めします。オートキャンプ場では広い駐車場が用意されているので、安心して駐車できます。この車両は、宿泊設備が備わっている車です。トイレとシンクもついているので、野外に設置しなくても料理などが楽しめます。ソファーとテーブルもあるので、ホテルの一室のような感覚でゆったり寛げます。バッテリーがあれば、家電機器も使用できます。キャンプ場であっても、まるで宿泊施設のような環境で宿泊できるのです。その利便性の高さから、とても人気があります。日本においては、法律によって車両区分が定められています。ただし、キャンピングカーとして登録した場合、その車両をきちんと使用できる状態で管理する義務もあるので注意しましょう。それから、この車両のタイプとしては、自走できるタイプと牽引するタイプの2種類があります。自走できるタイプは、そのまま運転できるので便利です。しかし、日常生活で使用するには大きすぎるというデメリットもあるので、レンタルで借りる方も多いようです。大型車両であり、普通車と違う運転感覚になるので注意するべきです。そして、牽引するタイプは完全に居住設備のみです。居住設備のみなので、とても広く快適なのが特長です。居住性については圧倒的にこちらが上なのです。窓も多く、開放感溢れる室内なのでお勧めです。ただし、普通車両で牽引する必要があるので、運転には細心の注意を払う必要があります。カーブなどでは十分な減速をしてから曲がるべきです。現在では、キャンピング用の車両は、レンタルによって必要な時だけ借りるのが一般的です。常に新しい車両が発売されていますし、維持するのは手間がかかるからです。


しかし、最近では、普通車両を改造するという方も増えています。軽自動車に宿泊用設備を搭載する事で、きままな一人旅を楽しむようになっているのです。専用の車両を用意するのに比べて、安価な費用でできるので人気が高いです。これまでのキャンピング用の車両では駐車場の確保が問題になっていましたが、軽自動車ならどこにでも駐車できます。


しかし、オートキャンプ場のような宿泊前提の駐車場以外では、宿泊を許可されているわけではありませんので注意するべきです。きちんとルールを守って、楽しいキャンプをしてみましょう。